浪速書道会とは

私たち浪速書道会ではこのような活動をしています。

生徒募集のご案内

『書』というと、とかく堅苦しいイメージが強いですが、
浪速書道会は『ふだん着の自分』の姿を見つめて、リラックスした中からの表現をする人々を育てたいと考えています。

音楽が時と共に変わっていくように、書の表現も今生きている感性を大切にしたいものです。
例えば、コブクロの歌の感覚のような書も生れて良いと思うのです。
アップテンポで書かれた書、横書の書、今の若者たちの言葉の書などなど。

そしてそれらが淘汰されて、良いものが残っていくのでしょう。

良いものとして残るための要件は?古いものを学んで栄養をつけること・・・これが一番だと考えます。

約二千年前の中国「漢」の時代の木簡には『ふだん着の書』が沢山あり、そこから学ぶことが多いのです。 更に古い時代、二千五百年~三千年以上前の古い字の表情も、とても面白く思えます。

書を学ぶにはまず楷書、次に行書・・・という考えが強いように思えますが、そうとは限りません。大昔の素朴な文字を見つめ、そこから学んでみてはどうでしょうか?

浪速書道会に参加してください。