浪速書道会とは

私たち浪速書道会ではこのような活動をしています。

展覧会について

年二回にわたり、浪速書道会主催の展覧会を開催しています。
受賞作・注目作は、「書の泉」の表紙に掲載されます。中にはユニークな作品もあり、老若男女問わず好評をいただいています。

浪速書道展

大阪市立美術館にて、会員全員の参加による展覧会(毎年2月)を開催しています。(出品数約5,000点) 星雲会や未踏サークルも含め、すべての会員の展覧会です。
最高賞は、歴代の会長等の名を取った『介浦賞』『香梅賞』『豊秋賞』『会長賞』など。超大作(180㎝×360㎝)の発表、星雲会の共同制作作品(150㎝×150㎝)、大阪大学外国語学部生による10数か国語を使用した作品等々、ユニークかつ多彩な作品を展示。

未踏サークル展

尼崎市総合文化センターにて、星雲会や未踏サークル会員による展覧会を開催しています。
「一般に人が親しみやすい書」をモットーに「今の言葉」を使った作品が主です。
表現も出品者の個性が出ていて、書の展覧会のイメージが変わったという感想が多く、毎年好評をいただいています。本年度より観覧者の投票により最高賞『きらめき煌賞』を決めるという試みも始めた。